塗装と雨漏り修理「第一浜名建装」現場日記

  • HOME>
  • 塗装と雨漏り修理「第一浜名建装」現場日記

シリコンシーリングの上に

塗り替え工事に際し、必ず出番のあると言っても過言ではないプライマーがある。

本来ならば、このプライマーの出番があっては困るのだが、10軒のお宅を工事させていただくと、そのうち9軒は間違いなく必須となるぐらいの高確率・・・・・。

 

 

これは、建物の色々な部位に使用された「シリコン」シーリング(コーキング)が原因。

もう、何度も何度も何度も・・・・・、クドクドと書き続けてきた「シリコン」のシーリング(コーキング)の問題なのだが、むやみやたらに使われている「シリコン」によって、周辺の汚染があったり、塗料を付着させなかったりと、良い事など一つも無い。

その「シリコン」が使われている事で、塗り替えに支障をきたすことを知らないのは、ある意味仕方がない事と割り切ったとしても、周辺汚染は必ずなるものなので、せめてそれだけは理解してもらいたいものである。

 

 

そんな困った「シリコン」なのだが、処理できないで終わってしまっては、そこから先に進まないので、何とかしなければならない。

そこで登場するのが、関西ペイントの「シープラ」なのです。

これ以外に、シリコンの上に塗れるプライマーと言う宣伝文句のある商品を使用した経験もあるのだが、全く役立たず。

 

 

と言う事で、今回の建物においても例外なく「シープラ」を塗装。

後付けの配管、エアコンの配管カバーの周り、テレビ配線の引きこみ部分などなど、あちらこちらにシリコンが使われているので、それら全てにシープラを塗るのです。

     2204091-s.jpg

 

 

2010年04月09日はまぞうブログより記事移動

一覧に戻る
雨漏りや塗装に関するお悩みやご相談はこちら
カテゴリー
最新記事