塗装と雨漏り修理「第一浜名建装」現場日記

  • HOME>
  • 塗装と雨漏り修理「第一浜名建装」現場日記

特別セミナー「日米比較 これからの木造住宅の耐久性とは」へ登壇

先週5月19日(金)、品川にて特別セミナー「日米比較 これからの木造住宅の耐久性とは」が開催されました。

このセミナーは、参加しています勉強会のひとつである、一般社団法人住まいの屋根換気壁通気研究会が主催し、住宅用の透湿防水シートのタイベックの旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ後援による特別セミナーでした。

このセミナーのために、アメリカから、E.I デュポンリサーチフェロー Ph.D.ウエストン・テレサさんが参加されました。

研究会からは、

特別顧問であり、東京大学名誉教授・国立研究開発法人建築研究所理事長をつとめられていた 坂本雄三先生。

雨仕舞のしくみ-基本と応用- 著者である東海大学名誉教授 石川廣三先生。

断熱・気密・防露のスペシャリストである近畿大学建築学部学部長・建築環境システム研究室 教授 岩前篤先生。

パッシブハウスジャパン理事であり、日本中で数々の講演をされている松尾設計室代表 松尾和也氏。

住まいの屋根換気壁通気研究会理事長でありハウゼコ代表取締役社長 神戸睦史氏。

が参加されました。

弊社久保田は、このセミナー第二部のスペシャルトークセッションへ現場実務者の一人として登壇させていただきました。

 

このような凄い先生方ともに壇上へ上がらせていただきお話させていただく機会は、おそらく一生に一度きりだと思いますし、何よりこのような機会をいただけた事は大変光栄なことであります。

また、住宅に関わる実務者として、微力ではありますが、日米比較の中の日本国内での住宅事情や立地条件、気象条件による劣化などについて説明させていただきました。

そして得意分野である、住宅の雨漏り事例にも触れさせていただきました。

 

5月19日特別セミナー.jpg

2905252.JPG

2905253.JPG

2905254.JPG

 

このスペシャルトークセッションは大変中身の濃いものとなりまして、予定時間をずいぶんと延長しつつも時間が足りず、途中で時間切れというようになってしまうなど、本当に盛り上がりました。

なのでこの後の懇親会も、多くの話題が飛び交い、多くの方々と直接お話させていただきました。

最後に繰り返しになりますが、このような機会を頂きましたことに、心より御礼申し上げます。

一覧に戻る
雨漏りや塗装に関するお悩みやご相談はこちら
カテゴリー
最新記事